肝斑とは?

しみの一種で頬骨や目元など摩擦が起きやすい箇所に、輪郭がはっきりしない薄い褐色が左右対称に表れるのが大きな特徴です。一般的にしみと呼ばれる老人性色素斑とは違って肌の炎症がおきて色素沈着しているといわれています。一見すると、しみと区別がつきにくく判断するのが難しい為、症状の見極めと適切な治療方法が美肌へのカギとなります。

原因は紫外線やストレス(生活習慣)、ホルモンバランス、摩擦による刺激と原因は様々ですが、断定できる原因はないとされています。

主な治療のご紹介

ルートロトーニング

スペクトラレーザーのトーニングモードは肝斑を刺激せずマイルドな出力でレーザーを照射していくので、より安全な肝斑治療、炎症性色素沈着の治療が可能です。くすみやそばかすにもアプローチしていくので繰り返し施術することでクリアな美白肌へと導きます。

リバースピール

肝斑や色素沈着(色むら)の改善に特化した新しいピーリング剤です。真皮の深部から表皮に向かって3つの薬剤を使用してピーリングしていきます。肌表面だけでなく真皮層まで作用しコラーゲン産生を促すことで、肌のハリ、ツヤ、小じわの改善に期待できます。

LEDヒーライト

590nmと830nm、2つのLED波長が真皮層にまで到達し、肌細胞を増産させます。痛みや赤みなどのリスクが皆無で、一度にお顔全体に照射できるので、部分的なシミだけでなく、お顔全体のリフトアップ効果や、ニキビ痕、傷痕の除去など、肌全体を若返らせる効果が同時に期待できます。

その他の治療

ホームケア(内服・外用)

肝斑の治療としてトラネキサム酸やビタミンCの内服薬が定着しています。トラネキサム酸は、メラノサイトを活性化するプラスミンの作用を抑えることでメラニンの生成を減少させます。当院ではトラネキサム酸を主成分としたオリジナルの化粧水や抗酸化に優れたアスタキサンチン美容液のご紹介しております。また、内服治療に合わせてナノエッグやハイドロキノンによる外用薬のコンビネーション治療のご提案もしております。

クリニック information

診療時間
9:15〜13:00
13:00〜14:00
15:30〜18:30
18:30

☆は美容・手術のみ(完全予約制)

●は9:00~13:00、14:15~16:30

※第1火曜のみ長谷川医師15:30~18:30

 

担当医師

馬場克幸院長:月、●火(午後)、水、木、金、土
佐藤英里先生:火曜午前

長谷川晶子先生:令和5年11月以降の第1火曜のみ午後


休診日:日曜日、祝日

●診療時間が変動する可能性あるため、随時お問合せください。

 

アクセス

東急田園都市線 三軒茶屋駅より

徒歩2分【南口B出口】

東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14
園田ビル3F
tel : 03-5430-9055