水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性化によって生じます。

このウイルスに初めてかかると(初感染。ほとんどの場合子供の頃です。)水痘(水ぼうそう)になります。水ぼうそうが治っても、ウイルスは神経節という部位に隠れて潜伏するため、体内から消えることはありません。

過労、体力低下、加齢などで抵抗力が落ちた時に、再び暴れ出して(再活性化して)発症するのが帯状疱疹です。ウイルスは隠れていた神経節の神経に沿って、神経を攻撃しながら皮膚に達するので、通常は片側にだけに症状が出現します。攻撃された神経では疼痛や知覚異常が生じ、その神経領域の皮膚には赤み、紅色丘疹、水疱が帯状に出現します。

治療は?

ウイルスが増殖することでおこる重症化と急性期の疼痛を最小限に抑えるために、また、帯状疱疹後神経痛の発生の予防のために、抗ヘルペスウイルス薬による治療をできるだけ早くに開始することが有効です。

抗ヘルペスウイルス薬による治療は、入院して抗ヘルペスウイルス薬の点滴による治療が必要な重症例を除いて、抗ヘルペスウイルス薬の内服となります。痛みのコントロールのために、アセトアミノフェン、弱オピオイド、非ステロイド系抗炎症剤の内服を併用します。皮膚病変には、ステロイド抗炎症剤の軟膏、細菌の二次感染が考えられれば化膿止めの軟膏、潰瘍化してしまったものに潰瘍治療薬が使用されます。

痛みは冷やすと悪化する場合がありますので、注意しましょう。また、水ぼうそうにかかったことのない人には、帯状疱疹としてではなく、水ぼうそうとしてうつることがありますので、小さな子供との接触には注意します。

痛くてがまんできない、あるいは皮膚の症状が消えても痛みが残っている場合は、ご相談下さい。

クリニック information

診療時間
9:30〜13:00
13:00〜14:00
15:30〜18:00
18:15

☆は美容・手術のみ(完全予約制)

●は9:00受付開始、18:30最終受付

平日ご予約外の方は18:00が最終受付になります。

※お注射のみの方も、上記時間内でのご案内となりますのでご了承ください。

 

担当医師

馬場克幸院長:月、水、木、金、土
佐藤英里先生:火曜午前
長谷川晶子先生:火曜午後


休診日:日曜日、祝日

 

アクセス

東急田園都市線 三軒茶屋駅より

徒歩2分【南口B出口】

東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14
園田ビル3F
tel : 03-5430-9055