高温高湿の環境で発汗量が急に増えるときに、汗を皮膚の表面に排出する管(汗管)の一部が閉塞して、汗がに皮膚内に貯留することによって生じます。
汗の溜まる部位によって症状が異なり、水晶様汗疹、紅色汗疹、深在性汗疹の3種類があります。
日常よくみられる紅色汗疹(こうしょくかんしん)は、表皮内汗管が閉塞した結果、体外へ流出できなくなった汗が表皮内に溜まったものです。汗が周囲の組織に漏れるため湿疹化しやすく、1~2mmの赤いブツブツ(紅色丘疹)が生じ、痒みを伴います。細菌感染を併発すると、汗腺膿瘍(乳児多発性汗腺膿瘍)や膿痂疹(とびひ)に発展することもあります。

治療は?

涼しい環境で過ごすことが予防につながりますが、高温高湿の環境で過ごすときには、汗をこまめにとり皮膚表面を清潔に保つスキンケアが必要です。
あかみや痒みの強いときはステロイド外用剤を適宜使って治療します。膿痂疹(とびひ)のように細菌感染を併発した場合は抗菌剤の内服が必要となります。

クリニック information

診療時間
9:30〜13:00
13:00〜14:00
15:30〜18:00
18:15

☆は美容・手術のみ(完全予約制)

●は9:00受付開始、18:30最終受付

平日ご予約外の方は18:00が最終受付になります。

※お注射のみの方も、上記時間内でのご案内となりますのでご了承ください。

 

担当医師

馬場克幸院長:月、水、木、金、土
佐藤英里先生:火曜午前
長谷川晶子先生:火曜午後


休診日:日曜日、祝日

 

アクセス

東急田園都市線 三軒茶屋駅より

徒歩2分【南口B出口】

東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14
園田ビル3F
tel : 03-5430-9055