頻繁にみられる皮膚の良性腫瘍です。半球状に盛り上がった弾力性があるしこりであることが多く、典型的なものには表面の中央に黒点状の開口部がみえます。頭部、顔、首、背中・胸など上半身にできやすく、大きさは直径1cm以下の小さなものから数センチの大きなものまでさまざまです。

組織学的には、皮膚の表皮細胞が皮膚の下に袋状の構造物(嚢腫、のうしゅ、といいます。)を形成してしまった状態です。簡単にいえば、皮膚でできた袋が皮膚の下にある状態で、この袋の中には垢(角質)などがたまっています。粉瘤が徐々に大きくなるのは、皮膚の袋がつくりだす垢(角質)が袋の中にたまっていくためと考えられます。

袋(嚢腫)は皮膚表面の開口部を通じて、皮膚の外側とつながっています。この開口部から皮表の雑菌が袋の中に入って化膿することがあり、赤く腫れあがり痛みを伴うようになります。まだ化膿が軽度の段階では、痛みはなく痒みを感じたり、臭いがきつくなる程度のこともあるようです。

治療は?

化膿した場合は、細菌や炎症を抑える薬(抗菌剤や消炎鎮痛剤)を内服します。炎症が進んだ場合は、表面の皮膚を少し切開して中にたまった膿や角質などを排出させる必要もあります。

ただし、内服薬や切開で治療をしても、袋(嚢腫)の部分は残ったままです。そのため、徐々に嚢腫の内に垢などが溜まって、再発を繰り返すことも少なくありません。根本的に治すためには、応急処置としての切開ではなく、手術により嚢腫を含めて粉瘤全体を切除する必要があります。 一般に化膿を起こす前に切除手術をした方が仕上がりはきれいです。また、繰り返し化膿する場合やある程度の大きさがある場合は、切除手術が良いでしょう。ただし、もともと良性の腫瘍ですので、手術をするかどうかは患者さんのご希望で決めることになります。

クリニック information

診療時間
9:30〜13:00
13:00〜14:00
15:30〜18:00
18:15

☆は美容・手術のみ(完全予約制)

●は9:00受付開始、18:30最終受付

平日ご予約外の方は18:00が最終受付になります。

※お注射のみの方も、上記時間内でのご案内となりますのでご了承ください。

 

担当医師

馬場克幸院長:月、水、木、金、土
佐藤英里先生:火曜午前
長谷川晶子先生:火曜午後


休診日:日曜日、祝日

 

アクセス

東急田園都市線 三軒茶屋駅より

徒歩2分【南口B出口】

東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14
園田ビル3F
tel : 03-5430-9055