生後1か月前後の赤ちゃんの頭部や顔面にかさかさした発疹がみられることがあり、乳児脂漏性湿疹と呼ばれます。黄色調をおびたかさかさ(鱗屑・痂疲)が特徴で、一般にかゆみはなく、生後数か月でなおります。
乳児期にみられる湿疹には、乳児脂漏性湿疹のほかにも乳児のアトピー性皮膚炎、乾燥による皮膚炎などがあり、状態や原因に応じて対応する必要があります。

赤ちゃんの乾燥肌やじくじくする湿疹などによって、皮膚の表面のバリア(防御)機能が低下することで、ダニやハウスダストなどの環境のアレルゲン(アレルギーの原因)が皮膚表面から入りやすくなり、経皮的な感作が成立して(皮膚からアレルギー体質になってしまって)、皮膚炎の悪化や慢性化をまねくだけでなく、気管支ぜんそくやアレルギー性鼻炎などの新たなアレルギー疾患を起こすのではないかと考えられています。 この理論に基づくと、赤ちゃんのころの乾燥肌や湿疹をしっかり治して皮膚のバリア機能を正常に保つことで、環境のアレルゲンに対してアレルギー体質になることを抑制し、将来のぜんそくや鼻炎の発症を予防できる可能性があり、乳幼児期に皮膚を健康に保つことが重要視されてきています。

乾燥肌が目立つ場合、痒そうにしていたり、掻いていたりする場合は、早めにご相談ください。

治療は?

スキンケア、清潔に保つことが重要です。赤みやかさかさに炎症をおさえる塗り薬が必要な場合は、ご説明の上、重症度に応じて使用します。

あかりクリニックの情報を随時発信中!

クリニック information

診療時間
9:00〜13:00
13:00〜14:00
15:30〜18:30
18:45

☆は美容のみ(完全予約制)

※平日ご予約外の方は18時15分が最終受付になります。

 

担当医師

馬場克幸院長:月、水、木、金、土
佐藤英里先生:火曜午前


休診日:火曜・木曜午後、日曜日、祝日

アクセス

東急田園都市線 三軒茶屋駅より

徒歩2分【南口B出口】

東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14
園田ビル3F
tel : 03-5430-9055